県議会発言録へもどる

3月9日(議案質疑)速報 3月18日(賛成討論)速報
3月9日(議案質疑)議事 3月18日(賛成討論)議事
3月9日(議案質疑)中継 3月18日(賛成討論)中継


2005.3.18 : 平成17年2月定例会 速報
〜賛成討論要旨〜



 公明党愛知県議員団を代表して、第1号議案、平成17年度愛知県一般会計予算について、賛成の立場から討論を行います。

 来年度は、二大事業が花開く年であり、また、その成果を生かしながら、新たな地域づくりに向けて、力強く前進するための極めて重要な年でもあります。

 わが党は、平成17年度の当初予算編成に当たり、「生活者優先」の視点に立った諸施策の実施を要望したところであります。知事から提案されました一般会計の予算案は、わが党の要望を踏まえ、県民の「安心」・「安全」の確保、「環境先進県あいち」づくり、あるいは「新たな産業の創造」の分野に、重点的な財源配分がなされており、その内容は、まさに「二大事業の成功から愛知新時代へ」をキーワードとした予算であると思います。
以下、本予算案について、わが党の重点要望事項ごとに、その賛成理由を述べてまいります。


<1> 行財政改革・分権改革の推進
 行財政改革については、県庁改革プログラムに引き続き、17年度から始まる「あいち行革大綱2005」を速やかに実施することが必要であります。
 本予算案では、新たな行革大綱の推進に取組むほか、内部管理事務を合理化するためのシステム開発の推進や、電子自治体の実現に向け、積極的に諸施策を推進されようとしております。


<2> 本県経済の安定と雇用対策の強化
 わが党は、若年者対策や雇用セーフティネットの整備に、引き続き取組むとともに、中小企業に対する公的金融支援策や、経営革新及び新産業創出に向けた施策の強化を求めてまいりました。
 本予算案では、「若者職業支援センター」における、ワンストップサービス機能の充実に努めるほか、新たに、地域ビジネスを促進するための人材育成事業やモデル事業を、実施することとされております。さらに、中小企業者の資金需要に応えるため、特に「経営強化資金」では新たに中期資金を設けるなど、配慮がなされているところであります。また、先月に策定された「愛知県産業創造計画」に基づき、これからの愛知を担う次世代産業の創出が期待されるところであります。


<3> 愛知万博、中部国際空港など主要プロジェクトの着実な推進
 わが党は、愛知万博などを通して、本県が世界的な人・技術・文化の交流と創造の拠点、及び情報発信の拠点として、一層飛躍できると確信しており、関連事業の着実な推進を求めてきたところであります。また、これらの成果を踏まえて、本県の将来像と地域づくりの取組方策を明らかにするために、新たな政策課題への対応を進めることも求めてまいりました。
 本予算案では、二大事業後の県政運営の新しい体制、仕組みづくりを内容とする、「あいち行革大綱2005」を推進するとともに、愛知の新時代の地域づくりの指針となる、「新しい政策指針」の策定費なども盛り込まれております。


<4> 東海地震等への対応を始めとする防災対策の強化
 わが党は、県民の防災意識の向上や、地域防災力の強化、あるいは民間木造住宅の耐震化対策などの推進を強く求めてまいりました。さらに、災害発生後の救助・復旧・再建の各レベルでの対策が、迅速かつ円滑に実施できるように、総合的な危機管理体制の強化を求めてまいりました。
 本予算案では、「あいち地震対策アクションプラン」に基づく事業を、引き続き推進するほか、災害発生時の初動態勢を強化するため、専門職員の配置強化や災害対策用の衛星通信局の整備など、県民の安心・安全に幅広く取組むこととされております。
また、引き続き、住宅等の耐震化を進めるほか、震災後に県民が早期に社会復帰が果たせるように「生活復旧マニュアル」を新たに策定することとされております。


<5> 治安・防犯対策の強化など「安心あいち」の実現
 わが党は、青少年非行や外国人等による凶悪犯罪などの撲滅に向けて、犯罪取締り体制の強化や、地域の防犯力向上のために、地域住民との協力体制の再構築に取組むことを求めてまいりました。
 本予算案では、警察官の310人の増員を始め、新たに、地域活動の中心となる人材育成や、地域の犯罪防止のための計画作成を支援する取組みなどが盛り込まれております。


<6> 生活基盤の充実と地球的視野に立った環境施策の推進
 わが党は、特に「環境先進県あいち」を目指して、愛知万博の理念を生かした環境学習の推進や自動車環境戦略の推進などを求めてまいりました。
 本予算案では、「あいち地球温暖化防止戦略」に基づく取組みの推進や、「あいち新世紀自動車環境戦略」の推進について、所要の予算が盛り込まれたほか、新たに「産業廃棄物税」の導入についても提案がなされております。


<7> 少子・高齢社会、男女共同参画社会を展望した福祉社会の構築
 わが党は、「21世紀あいち福祉ビジョン」を基に、急速に進行する少子・高齢社会や、男女共同参画社会を展望した福祉社会の構築に向けて、取組むことを求めてまいりました。併せて、児童虐待・高齢者虐待などに対する取組みの強化、待機保育児童の解消対策、障害者福祉の拡充強化などに、全力をあげて取組むよう求めてまいりました。
 本予算案では、少子化対策として「次世代育成支援対策行動計画」を推進するための、ガイドライン策定費が盛り込まれるとともに、高齢者対策では「健康長寿あいち」の実現に向けた、新たな取組みに着手するほか、高齢者虐待防止のネットワーク構築にも取組むこととされております。


<8> 「生涯学習社会・教育立県あいち」の実現
 わが党は、家庭や地域など、社会全体の教育力の衰退が問題となっていることから、教育の新生に向けた取組みの推進、学校教育の充実や、児童・生徒の個性と創造力を伸ばす取組み等を求めてまいりました。
 本予算案では、愛知の教育を考える懇談会の提言を踏まえた行動計画の策定、小学校第1学年35人編制の継続実施、「あいち・知と技の探究教育特区」の推進や、スクールカウンセラーの増員などが盛り込まれております。また、新たに地域社会全体で、青少年のモラル向上に取組む事業なども予定されております。


 以上、主要分野について、意見を述べてまいりましたが、提案された本予算案は、わが党の要望の大半を盛り込んだ予算措置が講じられており、評価をするものであります。今後は、本予算案に盛り込まれました施策が着実に実施されるように、強く要望をいたします。




発言録へもどる